林牧場 福豚の里 とんとん広場について
群馬県前橋市赤城山のとんとん広場
What's Tonton hiroba!

林牧場の福豚を自然な美味しさで、楽しく味わっていただくことが私たちのテーマです。

1.創業から福豚一筋これからも豚の専門店であり続けます。
2.林牧場の安心安全な100%福豚と地元県内産の農業仲間の作る、安心安全な食材を中心に食材の産地や種類をできるだけお知らせします。
3.「ほっ」とするひとときのために、おいしいだけでなく、手作りの”体にやさしい”ものづくりをします。
4.のびのび育つ福豚のように「明るく元気に、楽しく」お客様をお迎えします。
5.地域に根ざし「地域に愛される」とんとん広場を目指します。

群馬県前橋市赤城山の有名店

私たちは赤城山のすばらしい自然環境に囲まれた 林牧場『福豚』のおいしさをたくさんの人に知ってもらいたい。 そんな思いで『農場レストラン』からはじまりました。
今では国際コンクール金賞に輝くまでになった ハム工房『手づくり福豚工房』。 ウィンナーづくりが楽しめる『手づくりウィンナー体験教室』。 収穫体験や食育体験をする『とんとん食農学習』。 かわいいミニ豚に出会える『ミニ豚広場』。 農業仲間のこだわり品が購入できる『とんとんショップ』など五感で楽しめるとんとん広場になりました。
またレストランで使う野菜も福豚を育てるくらい手をかけて、できる限り自分達で作っています。
『手づくりのやさしさ』と『食べる楽しさ』を感じることができるようなとんとん広場でありたいと思っています。

 

林牧場の福豚

選ばれた肉だけが福豚

福豚のふるさとは広大な自然の中に点在する林牧場です。しかし生産された豚すべてが福豚になるとは限りません。もっとおいしいものを食べて欲しいと思うから、私たちは、純白で固く締まった脂身と霜降りできめが細かく、赤色の濃い赤身を持つ豚肉だけを福豚と名づけています。 とんとん広場では、この基準に従って屠畜場の職人に枝肉を選別してもらっています。
林牧場の豚は生後半年で出荷されます。運動量の多い動物に見られる赤い肉質を持つ豚は、より健康に育った個体であるともいえます。
また、霜降りでジューシーな赤身はやわらかく、甘さのある脂はさっぱりとしてくどさがなく豚臭さがありません。